[WordPress]ワードプレスのメディアへSVGファイルをアップロード

WordPressWordPress
WordPress

centosやnginxのロゴを使用しようとすると、SVGファイルでしか用意されていません。
SVGとはScalable Vector Graphics(スケーラブル・ベクター・グラフィックス)の略でベクターデータ(点の座標や、それを結ぶ線のデータ)によって画像を表現しています。一般の画像がビットマップデータ(行、列の画素のデータ)で画像を表現するのに対して、拡大、縮小しても画像が劣化しない、データが少ないなどの特徴があります。
しかし、WordPressでは、SVGファイルをアップロードしようとすると、以下のようなメッセージが出てアップロードできません。

[WordPress]SVGファイルのアップロード失敗
[WordPress]SVGファイルのアップロード失敗

問題は、セキュリティーです。SVGファイルはベクターデータをxmlをベースとして格納しています。内部にjavascriptによるスクリプトコードを挿入することもできます。実際、SVGファイルをテキストエディタによって開いて見る事も、変更や追加をすることもできます。SVGファイルのアップロードは、このような理由から不許可になっています。
WordPressをチームで運営する場合、ちょっとした不注意から、誰かが不注意によって悪意のあるSVGファイルをアップロードしてしまうかもしれません、このような事の無いような配慮が必要となってきます。
個人サイトであっても、セキュリティ上の配慮から素性不明なSVGファイルのアップロードはしないようにした方が良いでしょう。

WordPressプラグイン、SVG Supportのインストール

子テーマ内のfunctions.phpファイルに関数を作成し、upload_mimesフィルター追加する事でSVGファイルのアップロードが可能になるという方法もあるのですが、何故か、centosのロゴはアップロードできたのにnginxのロゴは読み込み失敗になりました。原因を調べるのももどかしく、プラグインをインストールして済ませました。

wordpress プラグイン新規登録
wordpress プラグイン新規登録
wordpress プラグイン新規登録、メニューから
wordpress プラグイン新規登録、メニューから

プラグインの新規追加をクリックします。プラグインの画面からでも、メニューからでもどちらでもかまいません。

[WordPress]SVG Supportの検索
[WordPress]SVG Supportの検索

キーワード欄に「svg」と入れてSVG Supportを呼出し、「今すぐインストール」をクリックします。

ftpアカウント入力
ftpアカウント入力

FTP/SSHユーザーはwordpressインストール時のユーザーになるかと思います。
ウチの場合、kusanagiで入れているので「kusanagi」ユーザーになっています。
パスワードを入力して、「開始」をクリックします。直ぐには画面が変わらないかもしれませんが、触らないでほっておきます。

[WordPress]SVG Support インストール中
[WordPress]SVG Support インストール中

インストール中になります、触らずにほっておきます。

[WordPress]SVG Support有効化
[WordPress]SVG Support有効化

インストール完了後、「有効化」のボタンが出ますのでクリックします。

[WordPress]SVG Support
[WordPress]SVG Support

特に設定を変更することはありません。これでSVGファイルがアップロードできるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました